「有機」とは

2009年 6月 02日 [有機に生きる]

有機」という言葉は農業分野においてよく使われますが、「有機」の意味をきちんと理解することが、生産者にとっても消費者にとっても大事だと思います。

有機」を大辞泉(辞書)で引くと、次のようになります。

1.生命力を有すること。生活機能を有すること。

2.有機物の性質をもつこと。

3.「有機化合物」「有機化学」などの略。⇔無機。

この中では1が「有機」本来の意味を指していると思われます。

有機」という言葉についてもう少し深く考えてみましょう。

有機」という字は、「機」が「有る」と書きます。

「機」というのは「仕組み」のことです。

つまり、「有機」というのは、「仕組み」が「有る」ということになります。

ただし、ここで言う「仕組み」は天の仕組み、自然の法則のことです。

昔から「自然には勝てない」と言いますが、自然の法則にのっとって、自然を味方につけることが肝心なのではないでしょうか。

これからも「有機」を意識して、オーガニック有機JASを大切にしたいです。

 


前の記事は「オーガニック」とは    次の記事はオーガニックの語源

トラックバック(0)

トラックバック URL: http://hamanasu.sn21.jp/mt/mt-tb.cgi/57


2012年 8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ページ上部へ戻る